引きこもりライダーのブサカブ ログ。

隼、クロスカブのブログ。梅雨到来!

隼、クロスカブ第1回燃費アタック後の考察。 

隼、クロスカブ第1回燃費アタック後の考察。  

コンビ

 先日、隼の燃費アタックを開催してみて、改めてクロスカブとの違い(当たり前(^∇^))を再確認しましたので、
 隼とクロスカブの今後の燃費アタックの方針を自分なりに考察してみました。 
 ※当ブログにしては、珍しく、画像少なめの長文記事です。(笑)
  それぞれの第1回燃費アタックの内容はこちらから→[第1回クロスカブ燃費アタック]
                          →[第一回隼燃費アタック]

まずは車両スペックから記載していきます。


燃費アタック実施車両

 GSX1300R 隼(現行型)・・・排気量1339cc/ 車両重量  266kg/ 定地燃費 28.0km/L

 CC110 クロスカブ    ・・・排気量 109cc/ 車両重量  109kg/ 定地燃費 62.5km/L

    まあ、排気量がまるで違うので、車重も燃費も当然、違いますよね。

 
 次に燃費アタック時の両者の走行方法を記載していきます。  


隼の走行方法

   ・ギア数が多く、走行時のギア選択が大変なので、とにかく2000~2500の回転数をキープする。
    回転数を基準にしてギア選択して走行。

   ・下り坂はとにかくクラッチを切り惰性走行。
    (キルスイッチでエンジンごと切り、惰性走行という荒業もあるが、安全性と趣旨から外れるので、除外)
   
   ・カーブ等はブレーキ減速メインにして、とにかくエンブレは極力使わない。

   ・信号待ちと渋滞はキルスイッチでエンジンオフ。

   ・前方に車両がいる場合は、通常より車間をとる(無駄な動作を減らすため)

   ・操作全般を易しく。(主にアクセル操作)



 クロスカブの走行方法 

   ・平地は50~55km4速キープで走行。
  
   ・上り坂は頑張らない。
    現在のギア数で速度が伸びないなら、ギアを下げるか、回転数を下げて、ロスを減らす。

   ・下り坂は少し頑張って走行。
    エンブレ使うぐらいなら、回転数を上げて走行。

   ・信号待ちと渋滞はエンジンオフ。

   ・車間は離す、というか、自然に離されるか、煽られる。

   ・操作全般を易しく。(主にアクセル操作)


続いて、実際走行してみて感じたこと(双方のバイクを比べてみての長所、短所)を記載していきます。



隼の走行について

 ~短所~

 ・ギア数が多く、クラッチ操作があるため、やることが多いので、操作には気を使う。

 ・交通量が多いところはカブと比べ、疲労しやすいし、燃費も下がりやすい。
 
 ~長所~

 ・先述の操作も慣れれば問題なく、走行中の選択肢が多いので、やりようによっては、
  燃費の伸びしろがかなり高くなる。

 ・アップダウンに対してさほど燃費の影響が少ない。
  上りは無理せず走行できるし、下りはクラッチカットの惰性走行ができるので、
  むしろ平地走行より燃費が稼げる場合がある。

 ・余裕で交通の流れに乗れる(これが1番重要)
  5速、6速で60~80km/h巡航しとけば、快適走行。
  スタート時もスロースタートにしているが、それでも、普通に後列車を引き離すぐらいの余裕の走り。





クロスカブの走行について

 ~短所~
 
 ・燃費重視の走行をすると交通の流れには乗れない。(確実に煽られる)
  スタート時はさらに気を使う。

 ・アップダウンに対して抗う術が少ないので、燃費に影響が出やすい。

 ・風の影響を受けやすい。

 ~長所~

 ・交通量が多くても、さほど疲労しないし、大排気量車と比べて燃費の影響が少ない。
  むしろ、交通量が多いと速度域が遅くなるので、ちょうどいいペースで走れる場合がある。

 ・ゆっくり景色が楽しめる(^∇^)↓
DSCN2954[1]

  
 というわけでちょっと箸休めに景色をいれてみました。
 ついでにポチッと応援お願いします。→




 さて、どちらも燃費アタック中の長所、短所はあるのですが、
 
 気づいたことは、隼の燃費アタックの方がクロスカブのそれに比べて、圧倒的に楽だ ということ。

 走行中、隼だと交通の流れに難なく乗れるのが、短所を差し引いても楽に感じる要因ですね。


 そして、自分なりにお互いの長短を考慮してみて、燃費アタックに最適な行路を導き出してみました。
  (隼、クロスカブ共に下道走行中心のルート構成です。)



隼の行路    ・・・山間部がメイン

            理由:比較的交通量が少ない。=交通の流れが良い

                アップダウンは多いがさほど影響が少ない。
  

クロスカブの行路・・・海沿いがメイン

            理由:比較的平地が多い(一番の理由というか、これに尽きる)       
                  
                比較的交通量は多いが、全体的な速度ペースは落ちるので、
                カブの省燃費走行には適している。(ほぼこじつけ)
 
  これにより導き出された次回(夏季)の行路構成は
  
 
  ・前回の行路構成でほぼOK。交通量の多いルート+狭路を避ける等、若干の修整は必要。
 
 クロスカブ
  ・前回は目的地が先行していまい、山間部中心の走行になってしまったので、次回は平地の多い海沿いルートで構成。
                                                         
                                           ということになりました。         

  最後に他の燃費向上の案件をさらっと記載していきます。



  ①電装系パーツの追加(例えばPPS辺りとか):気休め程度に

  ②都市伝説パーツの追加(○ラモパワーとか):同じく気休め程度に

  ③各添加剤の投入、エンジンオイルのグレードアップ(適正化)

  ④タイヤ:ツーリングタイヤで指定空気圧+あまり摩耗していないこと

  ⑤こまめなメンテ(できればメンテ直後辺りで燃費アタックするとなお良し)

  ⑥走り方&ライテクの向上

  ⑦土日祝+混む時間帯は避ける。

  ⑧走行距離は伸ばした方がいいかもしれないが、時間帯により変化する交通状況&集中力&土地勘を考えると 
   200~300kmぐらいが現状ベター。
  
   ⑨スプロケの丁数変更→消耗してから交換するので、今のところ除外。

  燃費向上において、④、⑤、⑥、⑦がコストも安く、大きなウェイトを占めますが、限度はあるので、
  補助的に③(①、②)を導入で伸びしろを上げる方向性で夏季の燃費アタックに望みたいと思います。


  とりあえず当面の目標値は

      隼・・・・・カタログ値の28.0km/L
      クロスカブ・・・・80km/L
                  を目指して、日々精進(〃▽〃)していこうと思います。

  以上備忘録を兼ねての燃費向上考察記事でした。

   ~   お  わ  り   ~
                             ※あくまで管理人の個人的見解による考察です。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村
関連記事


Comment

Add your comment