引きこもりライダーのブサカブ ログ。

隼、クロスカブのブログ。梅雨到来!

隼 カスタム No.7 エア―フィルター(バイパークロス製) 

7tipSjybNaXzh0R1456742196_1456742580.png

隼の純正エアーフィルターは汚れたら、交換が原則となっている。
社外品なら、クリーニングすれば、再使用可能で安上がりなので、引きこもりライダーは社外エアフィルター
に交換している。
(まめに純正品を交換した方が場合によっては、安上がりかもしれないが)

何よりカスタムしているという気になれるのが交換の一番理由なんだが、外から見ても、全く分からない(笑)
※エアフィルターの交換と清掃はコチラ→バイパークロスエアフィルター清掃

以前はK&N製フィルターを使用していたのだが、
○フオクでバイパークロス製の新品が4000円ぐらいで投売りされていたので、なんとなく購入。
DSCN9715[1]
[裏面:2層のフィルターで構成]

説明書を見てみると乾式と湿式で使用可能とある。

乾式はメンテオイル塗布はしない=吸気効率は上がるが、その分、メンテサイクルを短くする必要がある。

湿式はメンテオイル塗布=吸気効率は下がるが、メンテサイクルは適宜でok.

フィルターの洗浄は別売りのメンテキット(洗剤+オイル)か、中性洗剤で洗浄可能。
DSCN7830[1]
[中性洗剤で洗浄中]

メンテキットの値段を見てみると、なかなかの値段・・・・

乾式で使用すれば、中性洗剤で洗浄して、オイル塗布しなくていいので、維持費がほぼタダみたいなもの。
乾式仕様で決定ですな!!!

そして、フィルター本体を手に取ってみると異様に軽い。
各フィルターの重量を測ってみると
 

      純正
DSCN0020[1]



   K&N(レースタイプ)
DSCN0019[1]



    バイパークロス
DSCN7767[1]

 バイパークロスは純正の半分ほどの重さ!!!
 K&Nと比較すると約200gも軽いではないか。
 
 ちょっとマイナーなメーカーですが、実はメンテキット不要(乾式の場合)の上、軽量化にも貢献できるという
 コストパフォーマンスの高い逸品でした。
 まあ、性能変化は私めには分かるはずもなく、外見も変化ないので、自己満足パーツと言えばそれまでですが。
 ~ お  わ  り ~

マイナーですいません~。応援よろしくお願いします~。


にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村




バイク用品&インプレッションウェビック





関連記事


Comment

Add your comment