引きこもりライダーのブサカブ ログ。

隼、クロスカブのブログ。梅雨到来!

クロスカブ 燃費調査-第2部- [序章] 

etNjcG5eziWMFQw1471162449_1471162759.png



こんにちは~、引きこもりライダーです。
約2カ月(短っ)の沈黙を経て、クロスカブの燃費調査を再開しようと思います。( ̄^ ̄)ゞ







燃費調査(燃費アタック)とは・・・・引きこもりライダーが独自の視点でいろいろ手を変え、品を変え、
                  クロスカブのベスト燃費を叩き出そうとする過程と結果を書いた
                  ドキュメンタリー記事です。





・過去の燃費調査(第1部)の記事はこちら


第2部となる今期は

「エンジンオイル添加剤投入で燃費はどれほど上がるのか?」

というテーマで調査していきたいと思います。
(一応、第4章までの予定です。)

[序章]となる今回はオイル添加剤未投入の状態の燃費から調査してみます。
とはいっても、引きこもりライダーのクロスカブはノーマル仕様ではないので、
一応、燃費に影響しそうな項目を羅列していきます。







[燃費に影響しそうな項目]
※太字は前回調査時より仕様変更&追加装備を施した項目です。



・BRDマフラー(触媒なし)+BRDエアクリーナーbox 仕様
・純正比約8kg重量化(ここら辺少しグレーゾーンです。)
・DIDスーパーノンシールチェーン仕様
・スプロケ丁数は純正のまま
・リチウムイオンバッテリー仕様
・イリジウムプラグ仕様
・ガソリン添加剤  ゲルホーン2ml投入
・ガソリンがハイオク仕様
・引きこもりライダーの全装備重量約69kg(体重62kg)
・工具他で約3kgの重量化
・PPS(パワーパルスシステム)レーシングver.A mini装着


・チェーンオイル クリアーチェーンルブ使用(以前は円陣家至高CPO‐R)


・エンジンオイル ウルトラG4(以前はヤマルーブプレミアムシンセティック)
DSCN4462[1]


・PPSDX追加
・アーシング追加

DSCN3848[1]




・タイヤ前後ミシュランM35
(以前は純正チェイシン)で指定空気圧
DSCN4244[1]



・ガソリン添加剤 ワコーズCORE601 10ml 投入
DSCN4404[1]


上記の仕様をベースとして、オイル添加剤を投入していく予定になります。



     

次は走行条件ですが、


・60km/h以内キープして走行。
(交通の流れに沿う走行になるため、実質平均50~55km/h走行程度と考えられる)

・海沿いの平地ルートを走行。
(今回からルートのライン自体は変えず、走行距離を196kmから180kmに短縮)

ここら辺はさほど前回と変化なしで。





ということで、仕様と走行条件を踏まえた上で燃費調査開始!

といきたいところですが、


一応、今回は燃費調査の正確性を期すために燃費計測のやり方からお話ししていきます。

クロスカブには燃費計がついていませんので、燃費計測は
実質、ガソリン満タン法になります。

自宅最寄のGSを出発点として、ガソリン満タンにして、走行し
帰り際、同じGSを終点にして、ガソリン満タンにして、
GS→GS間の走行距離をガソリン消費量で割れば、燃費が計測できます。



ガソリンを満タンにするといっても、出発と帰り時のガソリン満タン時の液面を
可能な限り同じにしなければ、正確な燃費は計測できません。

ここからはガソリンの投入法になるのですが、


まずセンタースタンドで車体を水平にしてから、ガソリンを投入します。



DSCN4457[1]


しばらく投入するとガソリンノズルのオートストップ機能が働き、ガソリン供給が止まります。
ガソリンノズルのオートストップは簡単に言えばノズル先端がガソリンの液面で満たされることで、
ガソリン供給が停止するという仕組み。(詳しい原理を書くと長くなるので、ココは割愛します。)



ayvkYrtqH4MO6Vv1471332617_1471332799.png 


クロスカブはガソリン容量が4.3Lと少ないため、ノズルを差し込んでも途中で止まるように、
ノズル止めらしきものが取り付けられています。(ココラ辺は推測ですが。)

このノズル止めでノズルが止まり、しばらく給油するとノズル止め付近でオートストップ機能が
働くので、それなりに正確にガソリンを満タンにできる仕組みですが、

投入時のノズルの傾き具合や給油時の流量等の違いでガソリン満タン時の液面を統一するには
いささかばらつきが生じるので、最終的に液面を目視しながらの手動投入にして、より正確に
ガソリンを満タンにします。




ChPFEVpOsR7mcnI1471233591_1471233653.png


方法としては、
タンク内の目印(オレンジ線から丸い点の付近まで)まで少しずつガソリンを投入します。

投入後2~3秒待つと液面が低下していきますので、さらにチョビチョビ、ガソリンを投入します。

液面低下→チョビチョビ投入を数回繰り返して、液面が低下しなくなり、目印付近に落ち着いたら、
液面を記憶、または記録して、出発します。
そして、走行後にまた同じ作業を繰り返し、液面を同じ位置に合わせて、燃費を計測します。

この方法でそれなりに正確な燃費が計測できるはずです。


ただし、液面低下→チョビチョビ投入は慣れないうちはかなり時間がかかるので、
結構、辛いかもしれないです。

引きこもりライダーは慣れたせいか、最近は楽しみにすらなっていますが。(^-^)/





なんか、横道にそれた上、前置きがいつにも増して、長くなりましたが、
燃費調査開始です!( ̄^ ̄)ゞ( ̄^ ̄)ゞ



DSCN4415[1]



この日はちょうど祝日(8/11山の日)で夏休みということもあり、非常に混んでいました。

渋滞ぎみだし、あまりいい記録はでないかも・・・・と思いながらゆったり走行です。



DSCN4425[1]



2か月ぶりの60km/hキープ走行とうだるような暑さのため、終始イライラ。(「・ω・)「ガオー

木陰で涼をとったりしながら、無事帰路につきました。


そして、GSにてチョビチョビ給油して、燃費測定した結果、



なんと!!!!!

   まさかここで、
        80.6km/l


という大台を突破してしまいました。W(`0`)W
ちなみに引きこもりライダーのクロスカブでの燃費目標値は80km/lですので、
見事、目標達成・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう、これで終わりでいいでしょうか??(´∀`*;)ゞ



~   クロスカブ 燃費調査 完    ~

















当然、終わりというのは冗談で、さらに記録を伸ばしていこうと思いますよ~。(゚∀゚)(゚∀゚)



一応、ここからは80km/l超えの要因の考察ですが、

・アーシング&PPS DX追加
・タイヤをミシュランM35に換えたばかり。
・梅雨明けで気温が上昇した。

ここら辺が燃費に多少貢献している気がします。


そして、一番燃費向上につながっている可能性があるのが、

・今回からある走行技術を取り入れて走行した。

という点。
(これはまたのちほどにでも説明ということで。)




ちょっと長くなりましたので、今回はこれでお開きということで。


最後までお付き合いありがとうございました。




~   お  わ  り   ~







  85km/lぐらいまでいくかな~。ブログランキング参加中です。 応援よろしくお願いします~!↓
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ






         バイク用品&インプレッションウェビック





関連記事


Comment

Name - YOUさん  

Title - おはようございます!

驚きの数値であります!熱心な追求心の結果ですね~。自分も挑戦してみようかな!?
2016.08.18 Thu 08:08
Edit | Reply |  
引きこもりライダー">

Name - 引きこもりライダー  

Title - コメントありがとうございます。

YOUさん、こんばんは。
燃費はまだ伸びしろはありそうなので、楽しみです♪
90km/l台はさすがに厳しそうですが・・・
挑戦者、大歓迎ですよ~。(笑)
2016.08.18 Thu 20:43
Edit | 引きこもりライダーさん">Reply |  

Add your comment